xismoについて

紹介



xismo(キスモ)はフリーの3Dモデリングソフトウェアです。
商用、非商用を問わず自由にご利用頂けます。

作成したデータは、動画やゲーム制作、3Dプリンタ出力など
様々な用途に活用可能です。

主な特徴


使いやすさと機能のバランス


高価なハイエンド3DCGソフトは、多機能でもなかなか分かりにくい点もあり
とっつきにくいかも知れません。
とは言え、機能が少ないソフトでは物足りないかも知れません。
xismoはまだ開発当初で機能面では少ない点も多々ありますが、
使いやすさと機能性の両立を目指して設計しています。
今後同様の方針で継続して開発予定です。
 

PIXAR社のOpenSubdivに対応




ディズニー映画で良く知られる米PIXAR社の曲面化技術、
最新のOpenSubdiv3に対応しています。
ウェイトを使った曲面化で、スムーズ且つ自由な
モデリングが可能です。

Qtを利用したマルチプラットフォーム設計



xismoではGUIライブラリとしてQtを採用しています。
mayaやMotionBuilderなどのハイエンドソフトでも採用実績の
あるライブラリです。
これによってWindows、Macどちらでも利用出来ます。
勿論ファイルの互換もありますので、相互のやり取りが可能です。

軽快な動作


3DCGソフトをいくつか使っている方なら起動時から実感頂けるかも知れません。
起動や終了は勿論、軽快な動作を目指して設計されています。

モディファイアを使った自由な造形


慣れないうちは分かりにくいかも知れませんが、xismoでは
曲面化や対称化、FFD(Free-form deformation)などの
モディファイアを搭載しています。
これによって元のデータを維持しつつ、「元に戻せる」加工が可能です。
また、モディファイアは今後も増えて行く予定です。

GLSLシェーダによる様々な表現



スフィアマップを使ったリアル志向の表現や、標準でトゥーン表示に
対応しているのでアニメ調の表現も可能です。
また、アウトライン(輪郭線)描画にも対応しています。

動作環境


・Windows
 Windows Vista SP2、Windows7
 Windows8/8.1、Windows10 の64bit版OS
・Mac
 OSX 10.9以降
・共通
 OpenGL2.1に対応したグラフィックカート
 1024x768以上の解像度のディスプレイ
 3ボタン以上のホイール付マウスもしくはワコム社製ペンタブレット
※動作を保証するものではありません

ファイル入出力


3Dフォーマット


・xsm(独自形式)
・obj
・mqo
・stl(出力のみ)

以下は今後のバージョンで予定しています

・fbx
・pmx

入力画像フォーマット


bmp,cur,dds,gif,icns,ico
jpeg,jpg,pbm,pgm,png,ppm
psb,psd,svg,svgz,tga,tif,tiff
wbmp,webp,xbm,xpm


注意点



xismoは個人開発のフリーソフトになりますので、商用ソフトの様な
ユーザサポートはございません。
恐れ入りますがご認識の上、ご利用下さい。

<< 講座 戻る