基本操作

カメラ操作



基本的にはMMDと似た操作になります。




視点の回転

右クリック&ドラッグ

視点の移動

中ボタンクリック&ドラッグ

ドリー


右クリックした状態で左ボタンを押してドラッグ

ズーム


ホイール操作
もしくはShiftキーを押した状態で、右+左クリック&ドラッグ

画角変更


Shiftキーを押した状態で中ボタンクリック&ドラッグ

頂点・辺・ポリゴンの選択



矩形選択とブラシ選択の二種類があります。

矩形選択


画面上の何もない所を左クリック&ドラッグ



ブラシ選択


選択したい要素をなぞるように選択します。



ブラシのサイズはAltキーを押しながら画面上の何も
ない所を左クリック&ドラッグします。




選択方法の切り替え




操作環境パネルの上記アイコンから選択して下さい。

選択対象の切り替え




操作環境パネルの上記アイコンから選択して下さい。
左から順に頂点・辺・面になります。
それぞれがオフになっていると選択対象から外れます。

カレント編集モード


通常はONとなっており、カレントとはノードウィンドウで
選択しているデータを指します。



これがONになっているとカレントのみを編集対象とします。
(他のノードには影響を与えません)

通常はONでご利用下さい。他のメッシュと同時に操作したい場合には
OFFにする事で同時編集が可能になります。

対称編集モード



対応しているツールではこれがONになっていると左右対称の編集が
行えます。

対称操作の基準はワールド座標ではなく、ローカル座標のX軸が
基準となります。

単体選択


頂点・辺・面を単独クリックするとその要素のみが選択されます。
Shiftキーを押しながらクリックする事で追加選択になり、
Ctrlキーを押しながらクリックする事で選択解除になります。

新規ノードの追加



基本的にはメニューの「作成」から選択する事になります。
※テクスチャは例外で、テクスチャメニューからファイルを開くか、
 テクスチャウィンドウに画像ファイルをドラッグアンドドロップで追加します。
 (テクスチャだけは外部ファイルになる為、動作が異なります)

例えば、「作成」→「プリミティブ」→「立方体」を
選択すると立方体のプリミティブが作成されます。

注意点


プリミティブはあくまで数値データの集合で、プロパティウィンドウから
いつでもサイズや分割数の変更が可能です。
ただし、ポリゴンデータではない為、それぞれの頂点やポリゴンを
個別の編集は出来ません。

個別に編集したい場合には「ノード処理」メニューの「ポリゴン化」を
選択してポリゴン化して下さい。

<< 既知の問題点 戻る 頂点の移動・回転・拡縮 >>